http://www.yuu0312chang.com

パンクあー

こんばんわ!

久々のブログです。

 

今日の朝、自転車で職場に向かっていたらパンクして遅刻寸前でした。

パンクした時のためにパンクキット持っていたので大丈夫でしたが、なぜパンクしたのかについて書いていこうと思います。

 

まずパンクの原因で考えられるのが、

 

①空気圧がたりなかった。

タイヤには空気圧ber、psi、kpaの表記があります。

それを見てその範囲で空気圧をいれとけば大丈夫です。それが足りたかったりすると軽い段差でもホイールと地面に挟まれたチューブに穴が空きパンクします。いわゆるリム打ちです。

これがパンクの原因ナンバーワンです。

空気圧は1週間空気をいれないだけで落ちます。なので空気入れでこまめに空気を一定に保つことをお勧めします。

 

②何かしら踏んでしまう。

道路にはガラスの破片や目に見えないほど細いトゲみたいなもの、細かい石などによってパンクすることがあります。

これには対処法がありません。

 

③以前のパンク修理

パンクしてチューブをはずして原因を探してみるとたまにホイールの内側に何かがつまっていたとか、チューブを入れる時にねじれてた、もしくわタイヤがチューブを噛んでしまってた。

がまれにあります。

 

今日の僕のパンクはトゲが原因でした。

 

パンクは防げないです。

 

なのでパンクキットをみなさん必ずもっときましょう。

パンクした時の修理の仕方は今後書きます。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

 



ブエルタエスパーニャ第9ステージ

こんばんわ!

ブエルタエスパーニャ第9ステージ見てます。

 

今日は休息日前だけあってみごとな登りコースです。

僕は絶対完走できない自信があるコースです。

おそらく12時間走ってゴールできずリタイアと!!そんなことどうでもいいわ!

 

失礼しました。

 

ただ今逃げとの差が7分です。 

残り90キロ付近。

こういう厳しい山岳コースでの逃げゴールというのはめったにないですがどうなるのか楽しみです。

 

ジロの勢いがあるならサイモンイェンツがきてもおかしくない。

コースとしてはキンタナ。

続いてクリアトコウスキー、バルデ、マイカが強そうですが^ ^

 

キンタナも去年のジロ以来パッとしてないような。

一昨年のブエルタでは優勝してるので登りに強いことは間違いないが。

 

チームの都合でバルデは自転車をツールドフランスの少し前に変えたみたいでそれでツールは調子がでなかったと聞きますが、、、

 

マイカはコンタドール引いてた時は登り早いイメージだったのですが最近はコンスタントに良い結果を残せてない。

 

クリアトコウスキーは落車の影響がなければ全然ありえると思います。

ただ、こないだチームスカイをロットエヌエルユンボが登りで崩壊さすということがあったので今回もチームスカイが潰されたらクリアトコウスキーは厳しいかも。

 

この後がすごく楽しみです。

 

予想は

キンタナ、サイモンイェンツ、マイカ。

 

あたってくれー^ ^

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

一緒に楽しみましょう!

 

リムブレーキとディスクブレーキ

こんばんわ!

 

最近やたらネットや雑誌でディスクブレーキを勧められてるような気がします。

 

メーカーもディスクが増えてきましたが、まだ半々という気がします。

 

ロードバイクのレースを見てるとリムブレーキを使ってるチームが多い気がしてます。

パンクした時にホイール交換が素早くできる、今までリムブレーキを使っていたのでリムブレーキに慣れてるなどが多いと思います。

 

一般の方では今まで使っていたホイールがリムブレーキ用なのでそのままリムブレーキを使う方が多いと思います。

 

値段はディスクブレーキの完成車がリムブレーキより40000円ほど高くなっています。

 

ホイールも同じでディスクブレーキ用のほうがフロント、リアで各20000円ほど高いです。

 

ディスクブレーキは下りが長い道の時、リムブレーキほど握力を使わず楽に下れます。

 

雨の日にも同じでディスクブレーキのほうが走りやすいかと思われます。

 

(ちなみにリムブレーキの方でブレーキにしっかり力いれないとかかりにくい方、自転車屋でブレーキの幅を調整してもらいましょう。

ブレーキの幅は変えれますので。)

 

ロードレースでもチームスカイが雨の日だけドグマのディスクを使用してました。

 

こうなってくると好みかと思われます。

僕個人としてはリムブレーキでいいです。

メーカーもリムブレーキ用に今までと変わらずパーツは販売し続けます。

なので、どちらでも今後安心して使えることになります。

 

スペシャライズド以外のメーカーはまだ半々という感じです。

 

ホイールはディスク用も増えつつあります。

1番いいのはどっちも選べるということなんですが今後のメーカー次第ではディスクブレーキが主流になるかもです。

 

ただ、そうなったとしてもまだまだ先の話なので現状はリムブレーキの自転車を購入しても問題ないということです。

 

なんか書いててよくわからなくなってしまいましたが少しでも参考になれば嬉しいです。

ありがとうございました。

 

 

サドルサイズの選び方

こんばんわ!

 

ブエルタはバルベルデ^ ^

38歳という年齢でまだまだみせる力強さはすごすぎて言葉にできません。

どんなトレーニングしてるのか気になります。

 

今日はサドルサイズの選び方!

サドル選びではありませんので、、、

 

 

サドルを選ぶ時、皆さまどうしてますか?

間違ったサイズのサドルを使用してしまうと長距離走った時におしりが悲鳴をあげます。

そうならないように自分にあったサイズがあることを知っておくのがいいです。

 

測り方は家でもできますが1番良いのは自転車屋で測ってもらうのをお勧めします。

細かく専用の測りで測ってくれますよ。

サドルのサイズは坐骨幅で決まります。

おしりの1番下にある骨です。

おしりが大きいと思って大きいものを買ってしまいがちですが実際に測ると違う時があるので

 

家で測る方は椅子にダンボールをひいて、ダンボールの上にすわって下さい。

1番ダンボールが凹んだ所の長さを測って下さい。

そしたら自分の坐骨幅がわかります。

坐骨幅プラス10ミリがベストなサイズです。

 

ただ、メーカーによっては少し誤差がでたりしますのでしっかり調べてから購入して下さいね。

 

FIZIKはわかりやすくアプリでサドル選びを教えてくれます。

良かったら参考にしてください。

http://www.riogrande.co.jp/news/node/46414

 

アスチュートもお勧めです。http://www.astuteitalia.com/en

 

セライタリアもお勧めです。

サイトは英語なのでわかりずらいかもです。

https://www.selleitalia.com/en/

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

今日も最後まで読んで下さりありがとうございます。

 

ブエルタ予想!!

こんばんわ。

今年のブエルタはわからなさすぎる(°▽°)

でも予想します。

てか今年のブエルタって有名な強い選手がジロ、ツールに比べて少ないような。

僕の個人的な意見ですが、毎年ツールとブエルタは強い選手が多い気がしてます。

今年はジロとツールに強い選手が出場したせいか、ブエルタには有力選手が少ないような。

なので予想するのもかなり難しい。

けど、誰が勝つのかわからない展開が逆にワクワクして楽しみです。

選手について

 

クリアトコウスキー

今回1番の有力選手だと思いますがツールでの疲れが残っていないかが心配。

 

ナイロキンタナ

ツールの疲れはどうなのか?

2017年ジロで2位。続いて出場したツールでは疲労がたまってたのか良くない結果に。

だけど2016年はツールにでた後のブエルタでフルームを抑えて総合優勝。

2017年ジロの後は以前のような勢いがないような気が。

 

サイモンイェンツ

今年のジロでは3週目頭まではサイモンイェンツの大会だった。ここ2年ほどでかなり強くなった気が。

今年、体力もてばいけるんじゃないかと。

 

ミゲルアンヘルロペス

ジロに続いての出場。ジロではヤングライダー賞に。ジロよりブエルタは山岳ステージが多いのでロペスにむいてることは間違いない。

 

リッチーポート

2017.2018年ツールドフランスは落車リタイア。今大会、1番強くてもおかしくない選手。

ただ、落車の怪我でかまだ何とも言えない。

 

ニバリ

実力がかなりある選手。

ツールは落車でリタイア。

ただ、この後の大会に向けて頑張っているためブエルタはニバリにとっては調整レースなのかもしれない。

 

ファビオ・アル

ピノもきてもおかしくないが。

 

ということで予想。

山岳ステージが多いので

 

1位クリアトコウスキー

2位ナイロキンタナ

3位リゴベルトウラン

 

サガンは世界選手権にでるためブエルタは調整を含めているような気が。

 

僕は個人的にはブエルタエスパーニャが3大ツールの中で1番好きです。

山岳コースが好きなのでハラハラします。

 

皆さま予想あれば教えて下さい。

 

最後まで読んで下さりありがとうございます。

少しでも共感しあえれば嬉しいです。

またよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

これからドグマF10を買う方 その2

こんにちわぁ!

 

1フレーム選び

2パワーメーター

3コンポーネント

 

昨日も書いたのですが、フレーム選びについてもう少し細かく書きます。

フレームを購入するとき色とサイズに悩まれるかと思います。

簡単に買えるものでもないのでしっかり選んでほしいです。

 

フレームサイズは身長だけで決めると失敗することがあります。

股下の長さを図ってしっかり決めたいです。 

試乗するのが一番です。

ドグマが試乗できない時はピナレロを取り扱ってるお店でGANなどで試してみるといいです。

 

僕の場合は身長170センチなので500のフレームが理想です。

しかし足が短いので500のフレームではサドルの高さが低くなってしまい見栄えが好きじゃない形になります。

なのでサドルを高く見せたいので465を購入しました。

 

ピナレロはフレームが独特なので特にサイズ選びは慎重にしたほうがいいです。

 

気をつけてほしいのはメーカーによって同じサイズでもジオメトリー(各場所の長さ)が違うためドグマを購入する方はピナレロを乗らせてもらって測るのがいいです。

 

次にパワーメーターです。

●パイオニア

●ローター

●ガーミン

の3種類。

 

1番安くて済むのはパイオニアです。

ただシマノのパーツにしか使えないです。

どのパーツに使えて使えないのかをしっかり調べてから購入することをお勧めします。

 

ローターは値段は張りますがクランクにつけるだけで的確なデーターがとれるので1番おすすめです。今でしたら2インパワーがお勧め。

 

ガーミンのベクター3はペダルですので取り付けたらオッケーです。1番セットしやすいです。

ただ、不具合がよく見られるらしいのでしっかりチェックしてから購入すべきです。

 

そしてコンポーネント!

シマノ、カンパニョーロ、スラムで選びます。

最近はローターもコンポーネントを発売しています。

 

シマノは日本の製品であり値段もコンポーネントの中では1番安いです。

ドグマF10を購入する方はだいたいシマノのデュラエースをつけてるような気がします。

 

僕の場合はあえて電動ではなくワイヤーのデュラエースにしてます。

レースにでるときDi2では変速がワイヤーより少し鈍く感じていて、変速を一手間で2段おとせるなどの利点でワイヤーにしました。

 

将来的には油圧式のローターにしたいと思ってますが値段がお高いです(°▽°)

35万円くらいしたような、、、

 

次回はホイールについて書きます。

 

すこしでもお役にたてれてたら嬉しいです。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからドグマF10を買う方へ その1

こんばんわ。ドグマをフレームで買いました。

注文したのが6月で届いたのが8月のお盆あけです。

ピナレロは川島サイクルという会社がイタリアから取り寄せて自転車屋さんに手配しているのですがタイミングがあえばすぐに届きますがタイミング悪ければ半年待つことも。

 

僕の場合はお盆明けに入ってくると教えてもらえたので6月に注文しました。

 

なので7月、8月頭までに注文した方はお盆明けに入ってきてるはずです。

 

ドグマF10は職人さんが手作業でフレームを作っているため作るのに時間がかかりなかなか大量に生産ができないので予約が殺到すると大幅な待ち時間がでると、、、

 

まず購入する方はフレームサイズ、ステムの長さ、サドル選び、ハンドル選びは必ずショップの店員さんと話して決めて下さいね。

 

お店によってはBGフィットで個人の体にあった性格な自転車のセッティングをしてくれる店があるのでそういう店をお勧めします。

 

流れとしては

①フレーム選び

②BGフィットをうける

BGフィットででた数値を元にステムの長さ、サドル選びや高さ、ハンドルの長さがわかります。

③ステム、ハンドル、サドルを決める。

僕の場合は最初のステム、ハンドル、サドルはできるだけ安いものを買います。

乗っていくうちに体も自転車に慣れていき姿勢が柔らかくなっていきます。

そこでステムの長さを変えよう、ハンドルも変えようと思った時に高価なパーツに変えていきます。

 

④ホイールを選ぶ

⑤チューブ、タイヤを選ぶ

⑥バーテープを選ぶ

⑦パワーメーターを決める

 

ざっくりこんな感じです。

 

フレーム68万

ホイール23万

ステム5000

ハンドル7000

バーテープ3800

サドル15000

2インパワー17万後半

チューブ1200×2

タイヤ7000×2

 

が最初にかかった金額です。

 

すこしでもお役にたてれてたら嬉しいです。

ありがとうございました。